半年で15kg減量!自己肯定感が上がるダイエットの方法

日常

こんにちは!
とだまこです!

「ダイエットでキレイになりたい」

あなたはダイエットで痩せてキレイになりたい!
と考えたことはありませんか?

・おうち時間が長くなって体重が増えた
・デニムがきつくなった
・去年着ていた服が似合わなくなった

悲しいですよね(泣)

そろそろダイエットしなきゃ、、、
痩せたいと思っているのに食べちゃう、、、

その気持ち、ほんっとうによくわかります。

私も、食べちゃいけないとわかっていても
ご飯を3膳おかわりしたり
夜寝る直前に食べたり、、、

今思えば信じられないような生活をしていました。

その明らかな食べすぎの結果、
脚は太くたくましく、
あご下にはしっかりとお肉がつきました。

ですが!!

そんな私でも、
正しい考え方でダイエットを始めたところ

激しい運動や厳しい食事制限をしなくても
半年で15kg痩せることができました

痩せてスキニーデニムをかっこよく履く!
という目標を達成したことで
自信も持てるようになりました

本格的に春夏シーズンがやってくる前に
増えすぎた体重を戻す!

そして、
着たい服を着て街中を颯爽と歩けたら
かっこいいですよね。

こんな自分になれたら自己肯定感が上がって
日常生活がもっと楽しくなる
こと間違いなしです!

そこで今回は、私が実際に行っていた
半年で15㎏の減量を達成した方法
ご紹介していきます。

現状把握がカギ

私が過去最高体重を記録したのは20歳、
大学生1年生の時です。

身長158cm、日本人女性の平均身長な私。

ある日なんとなく体重計に乗ってみると、
59.8kg!!

見たことのない数字が表示されていて
全私に衝撃が走りました(笑)

もう少しで60kgを超えてしまう、
水飲んだだけでアウトじゃん、ヤバい。

その瞬間からダイエットを決意しました

太った原因

高校時代、運動部に入っていた私は、
とにかくよく食べる子でした。

部活が終わったらコンビニでパンを買って食べ、
帰宅して夜ご飯を食べる生活。

お腹が空くから食べる。
食べても太らないから食べる。
高校生の時ってそんな感じですよね?

そして高校3年になり、
部活を引退したのに相変わらず
食べたいものを食べたい分だけ食べる

大学に入学してからも食生活は変わらず、
学食では人より多い量をモリモリ食べていました。

その結果、
部活引退から大学1年の夏前までの約1年で
知らず知らずのうちに体重が増加していました。

典型的な太るパターンですよね。

たぶん6キロぐらい、、、
太ってしまったんだと思います。

158cmの私、気付けば体重59.8kg。

要するに、
大した運動をしていないのに
食べたいものを食べまくっていた
、、、

体重が増えた原因は
食べ過ぎと運動不足でした(汗)

現状把握と目標設定

太った原因は食べ過ぎと運動不足だとわかった。
じゃあどれくらい体重を落とせばいいのか、
どこを目指せばいいのか

ネットでサクサクっと調べました。

身長158cmの標準体重は54.9kg。
これが病気になりにくい体重だそうです。

自分が標準体重よりも
5kgも重いことを知ったときは、
かなり意気消沈しましたね。。。

ギリギリ肥満体重ではない範囲でしたが
それでも5kgの差は大きいですよね(汗)

当時、K-POPが流行り始めた頃で、
少女時代のすらっとした美脚に憧れていました。

彼女たちのようなスタイルになるには
45kg以下を目指さなくてはなりません。

いわゆる痩せ体重です。
60kg→45kgって現実味がなかったので
目標体重は48kgに設定しました。

不健康に痩せたり、
摂食障害になっても困るなと感じたため
体重より見た目重視のダイエットを目指しました。

私もキレイになりたい!
美脚になりたい!
スキニーデニムをかっこよく履きたい!

この目標を立てたところから
私の人生初ダイエットが始まりました。

ダイエット方法

ダイエットにはいろいろな種類があって、
ブームも起こりますよね。

りんごダイエット
朝バナナダイエット
糖質制限ダイエット
骨盤ダイエット
ヨガダイエットなど

ビリーズブートキャンプなんかも流行りましたよね。

当時の私は実家暮らしでしたので
ダイエットをしていることを
家族に知られたくないという気持ちがありました。

なおかつ飽きっぽい性格なので
早めに効果が出るダイエットがいい、、、

そんな私が行っていたダイエット方法は
主に2つです。

・レコーディングダイエット
・足パカダイエット

この2つを同時に行うことで
私は半年で15㎏の減量に成功しました。

ダイエットのコツ

ダイエットを成功させる最大のポイントは
継続することです。

ガッツリ運動をし、
食事制限をしていれば
誰でも体重を減らすことはできます。

摂取カロリーよりも
消費カロリーが上回れば痩せる。

単純な話ですよね。

でも実際、ダイエットをしている途中で
多くの人が挫折するのは

目標があやふやだったり、
誘惑に負けてしまったり、、、

なかなか成果が見えず
途中で心が折れるからです。

・現状把握:体重59.8kg
・目標設定:48kgまで減量
・行動:運動、筋トレ、食事
・継続:、、、できない

せっかく目標を設定して、
運動したり食事を変えたりと行動に移せても
継続ができなくてダイエットに失敗。。。

逆に言えば、
継続さえできればダイエットは成功するんですよね!

なんちゃってレコーディングダイエット

レコーディングダイエットって
聞いたことありますか?

毎日の食事、運動、体重を記録していく
というダイエット方法です。

記録をすることで、

意外と食べ過ぎている。。
運動量が少ない!
そりゃあ体重も増えるよね、、、

と自分のしていた太る行動に
気付くことができる
ようになります。

太る原因を認識することで
食事量を少しセーブしようとか
今日は階段を使おうかなと考えるようになり、

結果、無理なく減量ができるという
ダイエット方法です。

ここで大事なのは
現状を把握して意識を変えることです。

私も最初のうちは
食べたものや運動量、体重を記録していました。

でも、だんだん面倒になってくるんですよね(汗)

朝食、間食、カフェで飲んだもの、夜ご飯、、、
アルバイトは運動に入るんだろうか?

細かすぎて私はすぐ飽きました。

このままだとダイエット自体に飽きるかもと思い、
体重だけ記録するという
なんちゃってレコーディング
を始めました。

下の画像は最近のダイエット時のものですが、
半年で3kg~4kg減量に成功しています。

見てわかるように毎日体重を記録せず、
最初の3か月は思い出した日だけ
体重を計って記録しています(笑)

1日や2日体重を計るのを忘れたからと言って
ダイエットにはさほど影響しません。

極端な話、1週間に1回の体重記録でも
それも「継続」
と捉えていました。

大事なことは現状把握と意識を変えることです。

この体重把握で意識が変わり、
食事の時に食べ過ぎないように気を付けることで
お正月太りを解消できました。

足パカでむくみ解消

ダイエットをする上で私が大事にしていたのは
見た目で細くなったのがわかるかどうか。

当時スキニーデニムに憧れていた
私は美脚を目指して足パカを頑張りました。

足パカはYouTubeなどでも検索すれば
すぐにやり方が見つかるほど
今ではポピュラーなエクササイズです。

仰向けになり足を床から上げて
パカパカ開閉するだけの運動
です。

音楽にのせて足パカをする、
足パカソーランの方が
今はメジャーかもしれませんね。

腹筋や内ももに効果抜群でした。
体感も鍛えられ、むくみ解消にもなりました。

私はむくみやすい体質なのか、
足パカをした翌日には
足が細くなったのを実感できました。

この「やれば細くなる!」という
達成感をすぐに感じられたことが
足パカの継続に繋がりました

レコーディングダイエットと合わせて継続した結果、
半年で15㎏の減量に繋がりました。

体重を減らしたい気持ちはあるけど、
激しい運動はしたくない。

そんな方にぴったりのエクササイズです。

今でも、テレビやスマホを見ながら足パカをして、
コロナ禍の運動不足解消に役立てています。

自己肯定感があがった

ダイエットをした結果、
私は半年で15kg減量しました。

痩せることができ、
目標としていたスキニーデニムを履いて
街中を歩くことで

ダイエットをしてよかった!
と心の底から思えました。

一度成功したことで
「ダイエットは難しそう、、、」
という思い込みもなくなりました。

その後も体重が増えてしまったときなどは
運動をしたり食生活を見直したりすることで
体系のキープを意識できています。

達成感を得られたことで
「やればできる!」という自信に繋がり
自己肯定感も上がりました。

同じ痩せるでも、
夏バテで食欲がなくて痩せこけることと

目的をもって痩せることは違います。

ダイエットをすることで
良かったと感じたことはいくつもあります。

・痩せてきれいになった自分を知れた
・コツコツ継続できる自分に気付けた
・歩き方や姿勢を意識するようになった
・自信がついて以前よりも笑顔が増えた

ダイエットを目的にするのではなく、
その先の自分を想像して行動してみてください。

まとめ

今回は私が15kgのダイエットに成功した話を
お伝えしました。

痩せてキレイになる!
スキニーデニムを履いてかっこよく歩く!

なりたい自分を目指して行動し、
継続していくことが大切なんだと
ダイエットを通して実感しました。

現状把握がカギ
・太った原因は単なる食べ過ぎだと気付いた
・体重を把握し、適正な目標体重を設定した

ダイエット方法
・継続がダイエットの最大のコツであり最大の敵
・毎日の体重の記録で意識を変えるのがレコーディングダイエット
・足パカで見た目の変化を感じると継続に繋がる

自己肯定感があがった
・ダイエットは難しいという固定観念がなくなった
・目標としていた体重クリア&スキニーデニムを履いて達成感を得られた
・やればできる!を実感して自分に自信を持てた

今年32歳になる私。
おうち時間が増えたせいなのか
足の太さが気になってきました(笑)

また目標を立てて継続して行動していれば
年齢に関係なくダイエットに成功することを
実証していきたいと思います。

まずは体重計測と記録から
始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました